投稿日:

任意整理のメリットとは

すぐにでも借りたお金を整理したいと思ってはいるものの、利用中のクレジットカードも失いたくないという人の場合、任意整理という方法で債務整理を行なうことにすれば失わずに済むのではないでしょうか。

任意整理とは整理したい債権者と沿うでない債権者を選べる制度なので、持ちつづけたいカード会社とは任意整理をおこなわず、それ以外とだけおこなえば、カードは残ったままです。しかし、任意整理を行なうことで信用情報は傷つく為、カードの更新の際はそれを根拠に利用停止となる見込みが高いでしょう。自己破産ではお金の借入が免責になりますが、申立日から免責の決定日までには一定の職種について就業できないことがあります。 保険や証券の外交員、士業の一部、古物商、宅地建物取引業者など意外に広範囲です。
このような資格を要する職業についている人は、破産手つづきを開始すると破産手つづきの終了まではその職種では就労できなくなるので注意が必要です。
しかしそれは自己破産だけで、個人再生や任意整理では、資格や職業の制限はありませんから、自己破産ならではの特長といえます。生活保護を受給している人が債務整理を頼むことは出来ますが、利用する方法については限られていることが多いようです。そもそも弁護士の方も依頼を断る場合もあるので、実際に利用できるのかどうかをよく考えた上で、頼んでください。 保証人がついた借金の場合は、保証人にまで債務整理の影響が広がります。
どの方法で債務を整理を行ったかによってその影響には差があり、任意整理や特定調停の場合には書類の記入をしてもらうことにはなるものの、保証人が借金の取り立てをうける事はありません。

ですが、個人再生や自己破産では、債務者ではなく保証人への請求が債権者に認められるようになるため、すべての借りたお金返済を保証人が肩換りしなければなりません。

借金を返済できない時