投稿日:

債務を整理するのに必要なお金

債務を整理するのに必要なお金というのは、手段によってたいへん違ってきます。

任意整理の場合のように、各社それぞれを安い料金で行なえる方法がある一方で、自己破産の場合のように、すごく高額な料金を用意するものもあります。

自ら出費を確かめることも必要です。自己破産の利点は免責になると借金の返済義務を負わなくなることです。

お金の返済方法に悩んだり、金策に走り回ることがなくなります。

特に、あまり財産を持っていない人には、借金を返す為に手放さなくてはいけないものがほとんどないので、良いことが多いと感じます。出資法を元に、以前は利息制限法を凌ぐ利率での貸付が珍しくありませんでした。利息制限法の上限から出資法の上限の間の利率での貸付をグレーゾーン金利と呼びます。現時点では利息制限法に定める上限以上の金利では法に背いていることになります。したがって、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、借りたお金の整理をする事で過払いとなっていた利息を返して貰える場合があるのです。

これがいわゆる過払い金請求です。任意整理には無縁であり、個人再生には緩い基準しかないため、問題となることは大してありませんが、債務整理の方法に自己破産を選んだ場合は、財産隠しは最もやってはいけない事の一つです。 破産申立の際にどのくらいの現金と資産の所持が認められるかは法で定められた上限があるのです。

それを上回っている分は処分することになりますのですが、もしも隠していた事が知られれば免責が承認されないだけではなく悪ければ詐欺罪の疑いをもたれてしまいます。 払えない借金